はつせ

HOMEはつせの和菓子>はつせの和菓子

はつせの和菓子

和菓子のルーツは、天然の果物、木の実であったと考えられています。その後、穀物加工の技術が生まれ、団子や餅が作られました。また、飛鳥時代には、唐の国から遣唐使が「唐菓子」を持ち帰り、粉をこねて油で揚げるといった技術が伝わりました。また、カステイラ、ビスケットなどの「南蛮菓子」、明治には、「西洋菓子」が伝わり、それらの製法は和菓子に大きな影響を与えました。日本人は、新しい技術を受け入れ、吸収し、自分のものとしていく中で、新しい日本独特の菓子「和菓子」を作り出してきたのです。

画像(528x168)
画像(528x168)
画像(528x168)
画像(528x168)
画像(528x168)

ページのトップへ ページのトップへ

創業以来、変わらぬ味を守り続け郷土文化の香る和菓子造りを心がけている「和菓子はつせ」
茨城県古河市横山町1-14-12 TEL:0280-22-1530 FAX: 0280-22-0540
All rights reserved (c) 和菓子 はつせ | Produced by ホームページ制作会社 イーナクエスト株式会社