はつせ

HOME商品のご案内>谷中雀

谷中雀

画像(528x331)・拡大画像(800x600)
画像(240x240)・拡大画像(600x600)

明治の初めまであった谷中村。現在は渡良瀬遊水池となり、その名は過去のものとなりましたが、肥沃な土地には沢山の雀が飛び交い、実のある村として栄えていたと言い伝えられております。

そんな往時を偲び”谷中雀”と名付け、厳選された大納言を用いて最中に托してみました。

【最中だけの価格】
・12個1,400円
・18個1,800円

画像(240x240)・拡大画像(600x600)
画像(240x240)・拡大画像(600x600)

最中10個 焼き菓子2列 2,750円


※谷中村は現在の渡良瀬遊水地のある場所にあった。
室町時代から谷中村は肥沃な農地として知られ、江戸時代には主に古河藩が開拓を行った。当時から洪水が頻発していたため、古河藩はこの地の年貢を大幅に減免する措置をとった。しかし、洪水がない年の収穫は非常に大きく、1年収穫があれば7年は食べられるとも言われたほどだったという。

土地を増やすために当時村にあった沼の堤の位置を変えようとして失敗。堤が崩れ、沼の水が村内に流入し大雨のたびに堤が決壊した。
この後、渡良瀬川が氾濫するたびに足尾鉱毒事件により大きな被害を受け、以後、鉱毒反対運動の中心地となる。
1906年に強制廃村となった。

次のページもごらんください こもも >>

ページのトップへ ページのトップへ

創業以来、変わらぬ味を守り続け郷土文化の香る和菓子造りを心がけている「和菓子はつせ」
茨城県古河市横山町1-14-12 TEL:0280-22-1530 FAX: 0280-22-0540
All rights reserved (c) 和菓子 はつせ | Produced by ホームページ制作会社 イーナクエスト株式会社